企業研究ってどうすればいいの?企業研究のポイントとやり方を徹底解説!

NO IMAGE

就職活動を行うにあたって大切なのが企業研究ですよね。でも企業研究って言われてもいったい何をしたらいいのかわからない、どうやって情報収集したらいいのかわからない、という方も多いのではないでしょうか。

この記事では、そういった方に向けて、企業研究のポイントや情報収集の方法などを紹介します。
最後まで読むことで、きっと満足のいく企業研究ができるはず。企業研究のやり方に困っている方はぜひ参考にしてみてください。

企業研究の目的とは

企業研究の一番の目的は、自分が本当に就職したい企業を見極めることです。企業研究が不十分だと志望企業が絞りきれず、妥協して選んだ会社に入社してしまうことになります。そうすると、こんなはずではなかったとミスマッチが発生し、入社後に後悔することになるでしょう。

企業研究が充実していると、他の学生との志望動機にも差がつきます。なぜその会社に入りたいのかが明確になるからです。エントリーシートや面接の場では必ず志望動機を聞かれます。その際に企業研究を十分に行っておくと志望動機に説得力が出ます。

逆に、企業研究が十分行えていないと、志望動機があいまいなまま就職活動にのぞむことになってしまいます。他の会社にも同じことが言えるような志望動機は採用担当者には響きません。採用担当者は自分の会社だからこそ志望してくれるという理由が知りたいのです。

企業研究のポイントは

自己分析

企業研究の前には、まず自己分析をしっかり行いましょう。自己分析を行うことで自分には何ができるのかを知るためです。自己分析では、自分が「やりたいこと」と「できること」のバランスを考えることも大切です。

「やりたいこと」=「できること」であるのが一番理想的ですが「やりたいこと」>「できること」の場合には、やりたいことのために相応の努力が必要になります。その努力が自分にできるのかを見定める必要があります。

業界研究

自己分析ができれば、自分に合っている業界が分かってくると思います。金融、物流、ITなどの大きな括りで業界の背景や将来性を調べてみましょう。

もし、先に志望する企業が決まっているとしても、その企業が属する業界の研究は行っておきましょう。そうすることで志望動機に厚みが増します。

事業内容

事業内容とは、その企業が取り組んでいる仕事のことです。顧客は企業なのか個人なのか、何をどのように販売しているのかなどをリサーチします。

さらに踏み込んで、その企業の事業部単位で取り組んでいる業務内容、個々の社員が取り組んでいる職務内容まで把握できれば、自分が働いている姿をイメージしやすくなるでしょう。

福利厚生

給与の額は仕事をする上で大事な要素ですが、給与以外の手当やサービスを受けられる福利厚生の内容も職場を選ぶポイントとして重要です。

家族手当や住宅手当などのお金でもらえるものもあれば、宿泊施設やレジャー施設などの割引券、育児休暇や介護休暇、社員食堂の有無なども福利厚生に含まれます。福利厚生が充実していると仕事に対するモチベーションも違ってくるでしょう。

離職率

東洋経済新報社が発行している「就職四季報」には企業の3年後離職率が掲載されています。採用人数にもよるので3年後離職率が高ければ一概に働きにくい職場とは言えませんが、ひとつの目安にはなるでしょう。ちなみに、厚生労働省が発表した平成29年3月の新規大卒就職者の3年後離職率は32.8%です。

企業研究の方法

書籍

「就職四季報」や「業界地図」などの書籍で企業研究する方法は、業界、企業を俯瞰して見ることができるのでおすすめです。また、自分の興味のなかった業界のことを知るきっかけにもなります。

思いがけず自分にぴったりの企業にめぐり会うことがあるかもしれません。これらの書籍で自分の志望する業界が絞れてきたら、今度はその業界に特化した書籍に移っていくという流れがいいでしょう。

インターネット

書籍である程度志望する企業が決まってきたら、インターネットでも調べてみましょう。志望企業のホームページには経営者のメッセージなどが載っていることが多いです。

経営者の考え方に共感できるかを確かめることができます。また、書籍には載っていない口コミなどの情報を得ることができるかもしれません。

スマホアプリ

スマホアプリでは就職活動に特化したものが多数あります。業界研究や企業研究ができるものはもちろん、OB・OG訪問のマッチングができるものや日本経済新聞電子版のアプリなどもあります。いろいろなスマホアプリを組み合わせて使うことで、効率的な企業研究が行えるでしょう。

インターンシップ

インターンシップは業界についてより深く理解する手段として有効です。長期インターンだと実務に携わることが多いので、自分がその業界に合っているのかどうかの参考になります。自分が持っていたイメージと、実際の業務は異なっていたというミスマッチを防ぐことができます。

企業研究ノートを作る

企業研究ノートとはその名のとおり、リサーチした結果を記すノートです。ノートに書くことで思考が整理され、記憶にも残りやすくなります。エントリーシートの質も格段に上がるでしょう。

記載内容は、企業名や代表者名、経営理念や主力事業など企業の基本情報、それと自分がその企業に対して感じる印象や就職活動の記録などです。インターネット上には企業研究ノートのテンプレートを配布してるサイトもあるので活用してみるといいかもしれません。

企業研究はどこまでやるのか

できるだけ多くの企業を研究するためにも、どこまで企業研究をやるか終わりを決めて行った方がいいでしょう。企業研究の終わりは「その会社でなければいけない」と答えられるようになったときが目安となります。

そこまで答えられるようになれば、もう調べることはないはずです。志望先も明確になっていることでしょう。採用面接で困ることもありません。自信を持って臨むことができます。

まとめ

企業研究を行う目的は、希望の就職先を見極め志望動機を明確にするためです。企業研究と一言でいっても、具体的な中身は自己分析、業界研究や事業内容、福利厚生、離職率などのリサーチと、やることはいろいろあります。

書籍やインターネットを駆使して、効率的に進めていかなければなりません。企業研究ノートを作ることは、自分の頭の中を整理する意味でも非常に効果的です。きっと自分を助けてくれるものになるはずです。企業研究に終わりはないので、自分で決めなければいつまでも続けてしまいます。志望動機が明確になった時点でいったんは終わりにしましょう。

ここで示したことを頭に入れて行えば、きっと満足のいく企業研究ができます。後悔のないようにしっかりと準備しましょう。

________________________________________________________________________________________________________________
■参考
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000177553_00003.html – 新規学卒就職者の離職状況(平成29年3月卒業者の状況)を公表します|厚生労働省