就職活動で行われる適性検査とは?押さえておくべき種類と対策を解説

NO IMAGE

就職活動においてエントリーシートや採用面接のほかに、適性検査を受ける場合があります。近年では、各企業に行って受けるペーパーテスト以外にも、自宅で受けることができるWebテストも実施されています。適性検査には大きく分けて2つのタイプがあり、それぞれ対策が必要です。

この記事では、適性検査の目的や種類、タイプ別の対策について解説します。これから適性検査を受けなければいけない就活生は、ぜひ参考にしてみてください。

適性検査の目的とは

適性検査とは、企業が応募者の能力や性格を診断するための選考試験のうちのひとつです。企業側としては、応募者の自社に対する適性を客観的に判断できいるというメリットがあります。

応募者側としては、数値で判断されるため不公平感が残りにくいといえるでしょう。適性検査は大きく2つに分けられます。ひとつは能力を診断するための検査、もうひとつは性格を診断するための検査です。

能力を診断するための検査では、業務を行なう上で最低限の遂行能力があるかを測定します。性格を診断するための検査では、コミュニケーション能力やストレス耐性などを測定する目的があります。どちらもテストの成績の良かった応募者を採用するというよりは、採用することでリスクを伴う応募者を選考から外すといった側面が強いようです。

適性検査の種類

SPI

能力検査と性格検査を合わせた適性検査です。適性検査の中でも利用されているシェアが高く、大手企業だけでなく中小企業にも導入実績が多数あります。

参考書なども多く出ており、それだけに対策も行いやすいといえるでしょう。問題数が多いのが特徴で、能力検査ではひとつひとつの問題を早く確実に解く能力が求められます。

GAB

商社や証券、金融業界などの総合職採用で用いられることが多いです。言語、計数などの知的能力と、バイタリティ、チームワークなどの特性、それから営業、研究開発などの職務適性を予測することができます。英語での受験にも対応しています。

CAB

コンピュータ職としての適性検査に用いられます。専門性の高い検査であり、システムエンジニアやプログラマなどの職務適性を見られます。GABと同じくバイタリティやチームワークについても予測でき、英語での受験にも対応しています。

玉手箱Ⅲ

業界問わず多くの企業が採用しています。知的能力とパーソナリティの両面から測定する適性検査です。言語、計数に加えてバイタリティ、チームワークなどの特性を診断します。SPIに続くシェア率を誇り、Webテストの定番とも言われています。

TG-WEB

有名難関企業で採用されていることがあります。SPIでは出題されない図形の問題などが出題されるため個別の対策が必要です。「従来型」と「新型」の2パターンの試験があり「従来型」の方が難易度が高いとされています。「従来型」「新型」ともに計数、言語、英語から出題されます。

CUBIC

CUBICは「性格」「意欲」「社会性」「価値観」の側面から個人を評価する適性検査です。CUBICでは信頼係数という嘘を見抜く指標が用いられており、回答に矛盾が生じると信頼係数が低くなります。

自分をよく見せようとするのではなく、正直に回答することが必要です。また、オプションでストレス耐性の診断が付いた適性検査もあります。

SCOA

英語、数理、言語、常識、論理の5つの分野から出題されます。SCOAでは出題数120問を60分という短い時間で解かなければいけません。平均すると1問あたり30秒しかかけられないことになります。

SCOAでは、実社会で必要とされる基礎能力、行動傾向や意欲などのパーソナリティ、スピードと正確さの事務能力が問われます。

適性検査の対策

能力検査

能力検査の出題レベルは中高生程度のものです。数理は問題集を繰り返し解くことで対策になります。電卓の使用は基本的にできません。四則演算、二次方程式、連立方程式などは相当の計算スピードが求められます。言語の問題はインターネット上の例題やスマホアプリで対策することができます。とにかく語彙力をつけましょう。

英語に関してはできるだけ多くの単語を覚えることです。いずれにしてもスピードを上げることを目指しましょう。本番では1問にかけられる時間がかなり短いと考えておいた方がいいです。参考書で出題パターンに慣れておき、時間配分を考えながら解いていくことが重要です。

性格検査

性格検査は事前に対策することは難しいでしょう。回答に一貫性を持たせることが大切です。問題によって回答の傾向にばらつきが出るのは好ましくありません。

信頼性が低い傾向にあるという結果が出る可能性があるからです。性格検査についても能力検査と同様、時間内に終わらせることを意識して取り組みましょう。

適性検査で不合格となることはあるか

適性検査で不合格となることはあります。しかも、そう珍しいことではありません。適性検査は選考の初期の段階で行われることが多いですが、応募者が多い企業ほど適性検査である程度の足切りを行なう必要があります。

すべての応募者の書類に目を通し、採用面接を行なうことは時間的に困難だからです。また、能力が高くても性格検査で柔軟性や信頼性に欠ける回答であれば、企業との相性が悪いと判断されて不合格となることもあります。

適性検査で不合格となった場合

適性検査で不合格となったからといって、能力がなかったとは限りません。単純に企業との相性が悪かっただけである可能性もありますし、そう割り切ることも必要です。

不合格になった場合は、気持ちを切り替えて改めて自己分析をやり直しましょう。適性検査の結果が返却されることは少ないと思いますが、過去問題集などをやれば自分の傾向は見えてくるはずです。

まとめ

適性検査は基礎的な学力や性格を問われるものなので、準備さえしっかりしておけば必要以上に不安になることはありません。採用のリスク軽減が目的のため、よほどひどい結果でなければ選考に進めるはずです。

ただし、応募者数が多い企業などでは不合格となることもあり得ます。特に問題を解くスピードと時間配分には十分気をつけて対策しておきましょう。適性検査にはさまざまな種類があるのですべてを網羅するのは難しく、また非効率です。目標を絞って攻略を目指すことを心がけてください。

最後に、適性検査で不合格となったからといって、その理由は応募者には分かりません。必要以上に悩むことなく気持ちを切り替えて次の試験に臨むようにしましょう。