アパレル業界へ就職したい!就職難易度は?内定獲得のためにやるべきことを解説

NO IMAGE

アパレル業界への就職活動はどういう風に行えばいいのか、あまり想像がつかない方も多いのではないでしょうか。アパレル業界も他の業界と同様新卒採用は行なっています。その中でもデザイナーやパタンナーのような専門職や、プレスのような総合職は募集が少なく、就職は狭き門です。

就職するには営業や販売職から入るという方法も考える必要があるでしょう。アパレル業界へ新卒で就職するにはどのように行えばいいのでしょうか。ここではアパレル業界への就職について説明します。

アパレル業界とは

アパレルとは本来は衣料品という意味の英語ですが、転じて現在では店で売られている衣料品の製造業やショップの販売員まで含めて、広くアパレルと呼ばれるようになりました。

もともとは製造と小売は別れているケースが多かったのですが、近年ではSPA(Speciality store retailer of Private label Apparel)と呼ばれる製造から小売までを一貫して行う業態が増えてきています。今ではアパレル業界と一言で言っても、商品開発から販売に至るまで実に様々な職種が存在するようになっています。

アパレル業界の職種

ここではアパレル業界の代表的な職種を一部紹介します。

デザイナー

アパレル業界の花形といえます。一般的にはファッション系の専門学校やファッション専門の学科を卒業して入社することが多いです。キャリアパスとしては、自身のブランドを立ち上げたり、ブランドの企画立案などを行うファッションディレクターになったりすることが考えられます。

パタンナー

デザイナーが描いたデザインを型紙に起こす職種です。専用のソフトウェアを使用して型紙製作は行われますが、平面から立体のものを作るという高度な技術が要求される仕事です。将来的にはデザイナーの仕事を兼任する人もいます。

マーチャンダイザー

商品販売全般のプロデューサーです。予算管理、販売計画、市場調査、ブランド戦略まで幅広く統括します。買い付け計画、値付けといったことまで考えるため、ファッションに関する豊富な知識が必要です。バイヤーや営業から経験を積んでいく人が多いです。

バイヤー

世界中のブランドやメーカーから衣料品を買い付ける仕事を行います。職場はセレクトショップから百貨店まで幅広いです。商品を選ぶだけでなく、仕入れ価格の交渉などもします。日々トレンドの情報収集が欠かせません。ショップスタッフからステップアップする人が多いです。

プレス

広報担当のことです。いくら素晴らしい商品でも魅力が伝わらなければ消費者の購入につながりません。担当するブランドやショップのPRは、アパレル業界において重要な仕事のひとつです。イベントの告知やマスコミとのやり取り、DMなどの広告に取り組みます。

ショップスタッフ

豊富な商品知識で消費者にファッションのアドバイスなどを行い購入を促します。高度な接客技術も必要です。快適に買い物を楽しんでもらうために店内清掃やディスプレイなど、消費者からは見えない仕事も幅広く行います。アルバイトから正社員へ昇格し、ショップマネージャーにまでなる人もいます。

国内アパレル業界の動向

次に国内アパレル業界の動向を説明します。アパレル業界を目指す人は頭に入れておいた方がいいでしょう。

低コスト志向

消費者のニーズは、数年前まではブランド志向でしたが、ファストファッションの台頭により今では低コスト志向へ移りつつあります。お金をかけずにオシャレを楽しむ人たちが増えています。

また、フリマアプリによる商品の流通も追い風になっています。古着でも品質のいいものを安く手に入れることができるため、若者を中心に浸透しています。

二極化傾向

一方で、一点豪華主義やラグジュアリーな商品を求める人も一定数います。高いものを長く使うという考え方でしょう。このように消費者の志向は二極化しており、単純に価格が高いか安いかだけでは差別化できなくなってきています。

ネットショッピングの台頭

インターネットの存在も忘れてはいけません。今では、ほとんどのショップ、ブランドが店頭販売だけでなくネットショップを行っています。また、ZOZOTOWNやAmazonなどのショッピングモールの存在もあります。ITとアパレルの融合という流れは、今後もますます加速していくと考えられます。

アパレルに新卒で就職するには新卒採用の求人を探す

求人サイトや各企業の採用ページなどで新卒求人を探す方法です。どのような職種の募集があるのか調べて、自分が携わりたい仕事をイメージしましょう。自分に合う企業が見つかったら会社説明会に参加して、本命企業が決まればエントリーです。

他の業界でも言えることですが、自己分析や企業研究はしっかり行いましょう。アパレル業界は決して楽な業界ではありません。本当に自分に合っているのか、ブランドコンセプトに共感できるのかなどしっかりチェックしましょう。

アルバイトから正社員を目指す

アルバイトとしてショップスタッフで働き、卒業と同時に正社員へ登用してもらう方法です。この場合は自分が正社員として働く姿も想像しやすいでしょう。ただし、アルバイトとして相当な実績を積む必要があります。

ショップになくてはならない存在になれるよう努力しなければなりません。正社員になれれば、ショップマネージャー、バイヤーとステップアップする道が開けるかもしれません。

アパレル業界の面接で聞かれる質問

ファッションについて

アパレル業界なのでファッションのことは当然聞かれます。ファッションが好きということだけでなく、具体的にどのようにファッションに関わってきたのか答得ることができる必要があります。

アパレル業界ならではですが、スーツではなく私服で面接を行ったり、全身写真の提出を求められたりする企業もあるようです。

自社の商品が好きか

自社の商品を購入したことがあるか、自社の商品のことを心から好きと言えるか、というのもよく聞かれる質問です。自社の商品に対して誇りを持って、消費者に提供できるかを問われています。

自分の好きなブランドであれば問題ないでしょう。応募する企業のことをまだよく知らないというのであれば、実際に店舗を覗いてみることをおすすめします。

シフト制に対応できるか

ショップは基本的に土日祝日もオープンしています。アパレル業界で働くとなると、まずはショップスタッフからスタートすることが多いでしょう。そうすると土日祝日に休みは取れないことは考えておかなければなりません。

面接でも聞かれることの多い質問の一つでしょう。また、セール時期などの繁忙期に残業や休日出勤に対応できるかを聞かれる可能性もあります。

まとめ

アパレル業界は一見華やかな業界に見えますが、ファストファッションやネットショップの台頭など、日を追うごとに目まぐるしく変化しています。

アパレル業界を目指すのであれば、こういったことも念頭に置きアパレル業界の将来性を見据えて、自分はその中でどのように振る舞っていくのかをじっくり考えることをおすすめします。アパレル業界には様々な職種があり、就職する方法も一つではありません。

衣服は人の生活に密接に関係しているため興味深い業界でもあります。この記事を読んで、アパレル業界に興味を持ったのであれば、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。