これからの時代は人工知能によって人間の仕事は減っていく事をご存知でしょうか?

これからの時代は人工知能によって人間の仕事は減っていく事をご存知でしょうか?

人間の情報処理能力とコンピューターの情報処理能力を比較した場合皆さんはどちらの方がより速い情報処理能力を持っていると思うでしょうか?多くの人がコンピューターの情報処理能力の方が人間よりも早いと思っているでしょう。その通りです。そしてその差はどんどん広がっていっている事はなんとなくご存知かと思います。人間によって生み出されたコンピューターが人間以上の能力を身に着けてさらにその差がどんどん広がっていくという親子逆転の現象です。

そして近年人類史上最大の技術革新が起きました。それが人工知能です。今までコンピューターは自らの意思を持ちませんでした。それは人間のコントロールなしでは動かない事を意味しています。しかし、ある時人類は禁断の領域に足を踏み入れてしまった。それが人工知能です。人工知能というのは変わりやすく言うとコンピューターが人間の脳と同じ能力を手に入れる事です。その能力は人類の手によってより性能を上げていくでしょう。

技術革新により生産性の向上はどの企業も積極的に検討すべき事柄です。私が思うに技術革新がより高度なものであればあるほど雇用は減っていくという結論になっています。そして人工知能が台頭する時代になると雇用は加速度的に減っていき富は一部の会社と個人に今まで以上に集中する事になるでしょう。技術革新が進めば進むほど貧富の差が広がっていくとは皮肉なものです・・・。

人工知能は専門的な仕事から社会に組み込まれる

私がまずイメージできるのは運送業界やタクシー業界の雇用が激減するのではないかという事です。人工知能搭載型の車が一般向けに販売されると運転手はいらなくなります。遅くとも20年以内には自動運転が一般化していくのではないかと思われます。これは人手不足を解消する手としては画期的ではありますが国が規制をかけないと確実に運送業の雇用は減っていくでしょう。自動運転以外にも例えば金融業界や翻訳業、工場での単純作業も人工知能が多数を占めるでしょう。

私たちに回りにも徐々に人工知能が浸透していく

これから30年-40年の間に加速度的に人工知能は社会のあらゆる場所に広がりを見せると思われます。その結果人類の仕事は急速に奪われていくことになるでしょう。これからも引き続き人工知能に対する巨額の投資は続いていくのはは違いありません。あるタイミングで産業を問わずリストラが加速していくことでしょう。

便利な世の中は歓迎されるものですが便利すぎると大きな落とし穴があるという事です。人間の欲とは恐ろしいものです。それが破滅に向かう可能性があると知っていても尚突き進むのですから。我々がこのような社会で生き残っていくには支配される側から支配する側へと立場を変える必要があると私は思います。支配される側の未来はもはや先が見えています。

人工知能に仕事を奪われないようにするためには

結論からいうと法律で規制するのが現実的な答えです。個人ではどうする事もできません。このまま何も規制をしなければ運送業界の雇用は壊滅する事は誰が考えても間違いありません。無人の車を走らせたらダメだという法律が現実的だと思います。ただしここで問題が起こります。

自動運転搭載の車に従業員が乗るわけですから当然従業員の給料は下がります。なぜなら運転をしなくても良いからです。結局、儲かるのは支配する側です。支配される側はまずます困窮していくことでしょう。

人工知能の台頭の流れはもはや誰にも止める事ができないものになっています。日本も例外ではなく、世界に後れを取るわけにはいきませんので巨額の研究費を投下し続けるでしょう。

今世界は高速でテクノロジーが進化しています

最近のテクノロジーの進歩には目を見張るものがあります。ついこの間まで固定電話が主流だった通信手段が今では携帯電話どころかさらにその上のスマートフォンが主流になっています。十数年前の常識が常識ではなくなっています。誰もここまでスマートフォンが主流になるとは十数年前の段階で一部の人たちしか予測できなかったでしょう。

ではこれから身近でどのような進化が起こるかというと予想になりますがスマートフォンは現在入力でメッセージを送ったり読んでたりしていますがそれが音声に切り替わるのではないかと思います。

というのもスマートフォンには人工知能が搭載されていおりそれが進化すればそうなるのは自然だからです。そのうち一番の友達はスマートフォンに搭載された人工知能という事になっても不思議ではありません。

まとめ

20代や30代の労働者は現在の職業が果たして人工知能によってどのように変わっていくものなのかよく考えていただきたい。もし人工知能に置き換わってしまうものなら何らかの対策を考えて実行に移さないと今は問題ないですが20年後などに自分に返ってきます。

そうなってからでは軌道修正は困難を極めてしまいます。逆に40代以降の労働者は仕事を変えるのは現実的ではありません。現実的な提案としてはお金を貯める事だと私は思います。人工知能の進化から起因する労働環境の大変化はもはや国家レベルの大問題です。この大きな変化の中でどのようにして生き残り充実した未来を生きていくのか真剣に考えないといけないでしょう。