新卒での海外就職はアリ?方法とやっておくべきことを解説

新卒での海外就職はアリ?方法とやっておくべきことを解説

新卒で海外就職はできるのか

海外に対して憧れを持っていたり、いつかは海外へ就職したいという人もいるかと思います。では、新卒で海外就職はできるのでしょうか。結論からいうと、新卒で海外就職は可能です。

ここでは、海外へ就職したいけど何をすればいいのか分からないという方に向けて、海外就職する方法や、海外就職するうえで考えておかねばならないこと、学生のうちにやっておいた方がいいことを紹介します。

海外就職する方法

現地企業に対して就職活動を行う

オーソドックスな方法ですが、もっともハードルが高い方法かもしれません。簡単に言えば、新卒の就職活動を海外で行うということです。国によって違いはあるかもしれませんが、応募、選考、採用というプロセスは、基本的には日本の場合と変わりないでしょう。

志望先の情報収集や企業研究は、日本の企業で同じことを行うよりも大変なのは容易に想像がつきます。応募書類や面接は、もちろん現地の言葉(あるいは英語)で行う必要があるでしょう。志望先に足を運ぶこともあるでしょうから、そのための資金も必要です。

日系企業の海外駐在員として働く

グローバルに展開している企業であれば、海外支所がある場合も多いでしょう。海外駐在員に応募するという選択肢も考えらえれます。この場合、まず第一段階としてその企業自体への就職を行う必要があります。

グローバルに活躍する企業だと知名度が高く、就職の難易度も高いかもしれません。加えて、海外駐在員は人気の高いポジションであり、簡単に新卒に任せられるような仕事ではありません。新卒で抜擢されるためには、語学力はもちろん、駐在員として赴任できるだけの能力があることをアピールしなければならないでしょう。

海外へ留学してそのまま就職する

海外留学することは、海外就職の手段として現実的です。まず、語学の心配をしなくてすみます。加えて、日本国内にいて海外企業の情報を収集するより、現地で収集する方が圧倒的に多くの情報を得られます。

海外留学には、語学留学以外にも専門留学という方法もあります。語学とは別に専門のスキルを身につけることを目的とした留学です。ITやデザイン、医療などの専門スキルを現地の言葉で学ぶことは、海外就職を目指す上で大きな武器になるでしょう。

ワーキングホリデーをする

大学卒業後にワーキングホリデーをして、そのまま現地就職をするという手もあります。海外留学と同じく、語学面や現地での情報収集に有利です。

現地で就労ができるので、生活費を稼げますし、働き方に対する文化を事前に理解しておくこともできます。もちろん、現地企業に認められるだけの能力(たとえば、ビジネスや接客に対する語学力)を身につけることは必要です。

海外でインターンをする

海外では、インターン後に就職するという流れが一般的です。実際の能力を見極めて採用を決定することができるからです。日本の場合は、職業体験的な意味合いが大きいインターンですが、海外の場合は、即戦力となるかどうかを見られます。

就職を勝ち取るために、現地のライバルたちと争う必要があ流ことを覚えておきましょう。一方、インターンをすることで、働く企業の文化、風土を事前に知ることができるというメリットもあります。

海外就職するにあたって覚悟しておくべきこと

即戦力が求められる

海外では、入社後すぐに即戦力として働く必要があります。日系企業に就職する場合をのぞき、日本のような社内研修制度は期待しない方がいいでしょう。自分から動いて、わからないことは聞いて回らないと、仕事を教えてくれる研修講師のような存在はいません。

また、いまだに年功序列が残っている日本と違って、海外では完全に実力主義、成果主義です。入社後も継続的に、より専門的なスキルを身につけていく必要があります。

コミュニケーション文化の違い

言葉の壁は勉強により吸収することができるでしょう。しかし、コミュニケーション文化の違いは慣れるまでに相応の時間を要することになるかもしれません。外国人のコミュニケーションは、ストレートな場合が多いです。

日本人特有の暗黙の了解のような文化は、外国人には理解しづらいでしょう。外国人の効率性、合理性を重視する傾向も、日本人にとっては免疫がないため戸惑うかもしれません。仕事上でのトラブルに発展しないよう注意する必要があります。

好条件とは限らない

特に現地企業で働く場合は、日本と同じような条件で働けるとは限りません。現地企業側からすると、自分はあくまでも外国人です。日本企業が、意思の疎通に問題なく、身元の保証もされている日本人を採用しやすいように、海外企業も現地の人を採用しやすいのは同じです。

海外企業における日本人の採用が、一般的であるとはいえないのです。もちろん、好条件で働ける場合もありますが、現地の人と同じ条件で働けない可能性があるということも頭に入れておきましょう。

海外就職のためにやっておくべきこと

語学の勉強をする

就職するということは、使用するのは日常会話だけではなく、ビジネスレベルの語学です。会話が成り立たなければ仕事になりません。特に英語は身につけておきましょう。英語が母国語以外の国でも、ビジネスで英語を使用することがあります。

TOEICであれば700点程度は欲しいところです。最近ではYouTubeでもビジネスレベルの英語を学ぶことができます。英語に加えて、就職を目指す現地の母国語ができれば、なお評価の対象になるでしょう。

現地滞在

就職したい国が決まっているのであれば、実際に訪れてみるのがおすすめです。観光でも留学でもいいですが、できれば1ヶ月程度滞在して、現地の文化に触れておくとよいでしょう。食事や生活習慣など、自分がその土地に合っているのか確認することができます。海外で働く自分をより具体的に想像できることでしょう。

専門スキルを身につける

語学以外に専門的なスキルがあると強みになります。むしろ、即戦力が求められる海外では、専門スキルがないと就職は難しいかもしれません。ITエンジニアは国を問わず求められるスキルです。日本食の料理人や美容師もニーズの高い職業です。

そして、日本人ならではといえば、日本語教師や翻訳、通訳業という道もあるでしょう。これらの職種は、将来的に日本に帰って働くことになっても困りません。

まとめ

新卒での海外就職について説明してきました。いかがだったでしょうか。海外就職に向けて、現実味が出てきたでしょうか。海外就職は決して簡単ではありませんが、真剣に取り組めば不可能ではありません。

たとえば、「英語ができないから海外就職できない」ではなく、「英語ができないから海外就職を考えてみる」という前向きな思考を持ってみるのも、きっと自分を成長させてくれると思いますよ。

ただし、日本で就職をする以上に難しいですから相当な覚悟をもって臨むことがまず必要です。