文系の就活は難しい?理系との違いは?文系学生の就職活動を解説

文系の就活は難しい?理系との違いは?文系学生の就職活動を解説

文系学生は就職が難しい?

理系の学生に比べて、文系の学生は就職が難しいと考えられています。確かに、理系の学生は専門的な知識やスキルを大学で学んできており、文系学生は大学での勉強が就職には直結しないかもしれません。就職活動においてアピールする点は、技術力や専門スキルよりも、コミュニケーション能力や熱意といった定量的に量れないことが中心になってきます。

しかし、実は就職率を比較しても文系の方が理系よりも、明らかに就職率が低いという事実はありません。文系学生と理系学生とでは就職活動のスタイルが異なるだけです。ここでは、文系学生の持つメリット、デメリットにフォーカスしつつ、文系学生の効果的な内定獲得の方法についても紹介したいと思います。

文系学生の就活のメリット

就職活動に割ける時間が比較的多い

理系の学生は、研究のため大学にいる時間が長いです。研究室にこもりきりということもあるでしょう。そのため、就職活動に割ける時間はあまり多くありません。短い活動期間の中で就職先を絞り、結果を出さなければいけないというプレッシャーがあります。

文系の学生は、大学に時間を拘束されることは比較的少ないため、その分就職活動に時間を割けるでしょう。自己分析や企業研究などに時間をかけられることは、理系に比べ有利だと言えます。

どんな業界でも選べる

現時点で専門性がないということは、逆に言うと、これからどのような業界に入っても専門性を吸収できるポテンシャルを持っているということになります。理系の学生の場合、すでに大学で専門的な知識を身につけているため、学んだことに特化した業界に入社することが多いでしょう。

対して、文系学生は入社してから初めて知識やスキルを身につけていくことを、採用企業側も認識しています。文系学生は、就職活動時点現在の能力よりも、入社後のポテンシャルがどうかで評価されることが多いため、業界を絞らずに幅広くエントリーすることができます。

幅広い分野を学べる

学部の違いこそあれ、文系はさまざまな分野の授業をとることができるといったメリットがあります。興味のあることを横断的に学べるため、視野が広くなります。授業によっては、社会的なことや政治的な授業も数多くあるでしょう。社会に出たあとの武器として、アピールポイントに使えるのではないでしょうか。

文系学生の就活のデメリット

就職に直結するスキルを持っていない

この点が文系学生がもっとも頭を悩ませるところでしょうか。理系の学生は、研究や情報処理など大学で学んだことをそのまま企業に入って活かせます。大学での成果がそのままアピールポイントになるので、自己分析に割く時間をあまり取る必要がないでしょう。

一方、文系学生は学業が入社後の業務に直結するわけではありません。自己分析を行い、何が自分の強みなのかを見つけるのは骨の折れる作業でしょう。人柄などの曖昧な指針をアピールポイントにせざるを得ないこともあります。また、専門的な知識やスキルを持たないだけに、自分にとってどの業界が合っているのか、選択に迷うこともあるかもしれません。

推薦がない

理系の場合、研究室に求職票や、場合によっては推薦が届くことがあります。企業側がアプローチしてきてくれるので、自分から就職先を探しにいく必要がありません。教授推薦により就職できたり、書類選考や入社試験を免除されたりといった優遇措置が取られることがあります。これは、文系にはない大きなメリットです。

ライバルが多い

文系の場合は、自らエントリーを行って就職活動を行うスタイルがほとんどです。有名な大企業を目指す場合、全国から集まる応募者の中から数少ない採用枠を勝ち取らなければなりません。東大・京大・早慶上智など学力の高い学生を相手にするとなると、それ相応の努力が必要になります。

文系学生が内定を獲得するには

学外の活動を積極的に行う

文系の学生は時間の許す限り、いろいろなコミュニティに参加しましょう。サークル活動や部活はもちろん、アルバイトやボランティアなど学外のコミュニティで活動した経験は、必ずアピールポイントになります。アルバイトであれば基本的なビジネスマナーが身につくでしょうし、ボランティア活動では奉仕の精神をアピールできます。

また、さまざまなコミュニティに参加して、いろんな人と触れ合うことで、コミュニケーション能力が磨かれます。採用に際して、コミュニケーション能力の高さは大きな要素です。

大学で学んだことのアピールの仕方を考える

理系学生のように、仕事に直接関係する知識やスキルは持っていないにしても、文系の学部で学んだことが、間接的に業務に役立つ場面が必ずあります。たとえば、経済学部や商学部では数字に強い点が営業や経理、事務職に使えます。法学部では法務はもちろん、論理的思考能力が備わるので、会議での発言の場に強いでしょう。文学部では文章力、読解力が、資料作成やプレゼンテーションの場に活きてくるはずです。

自己分析を徹底的に行い、こういった点を企業の求める人物像に合わせて、うまくアピールすることができれば採用企業にも刺さることになるでしょう。

スキルを身につける

大学での学業以外にも、自ら勉強することはできます。たとえば、英語などは就職に役立つ最たる例でしょう。お金に余裕があれば、英会話学校、語学留学などが選択肢にあげられますが、現代なら、書籍のみならずインターネットや動画など、やる気があれば独学でも十分学習できます。

他にはパソコンスキルなどもあげられます。特にこれからの社会では、小学校からプログラミング教育が始まるようにデジタル化が加速していきます。最低限のパソコンスキルは身につけておくべきでしょう。プログラミングのスキルを身につけることができれば、文系でも技術職の道が開けるかもしれません。

まとめ

文系学生の就職活動について、メリット・デメリットも踏まえ解説してきましたがいかがだったでしょうか。確かに、文系学生の就職活動は理系学生のそれに比べて、時間がかかったりアピールポイントを作ったりと大変かもしれません。ただ、文系には文系のメリットがあることも紹介しました。

文系にしても理系にしても本質的なところは同じです。自分の強みをどう採用企業にアピールするか、ということです。文系と理系では、アプローチの方法が違うだけだと考えるようにしてみてください。時間は限られています。後悔のないよう早いうちからしっかりと準備して、納得のいく就職活動を行いましょう。