就職活動の面接ってどうするの?流れからよく聞かれる質問まで解説

就職活動の面接ってどうするの?流れからよく聞かれる質問まで解説

学生にとって就職活動は初めての経験です。不安に思う事もあるでしょう。特に学生が行う就職活動は転職活動ではなく新卒としての入社試験ですから今後の人生を左右する重要な事柄です。それだけに就職活動の面接のある程度の情報は知っておいて損はありません。この記事では就職活動の面接の流れやよく聞かれる事柄などを解説していきます。

面接の流れ

受付

約束の時間の5分前に受付を行いましょう。遅刻はもちろん厳禁ですが早すぎるのもよくありません。相手にもスケジュールがあるからです。また、近年はワークライフバランスが重要視されており長時間労働がしにくい環境になっています。そのため多くの従業員は限られた時間の中で如何に仕事を終わらすかを考えて業務に取り組んでいます。

携帯電話の電源は切っておき、呼ばれるまで待機しておきます。待機している時間も見られている事があるので背筋はしっかり伸ばして誰に見られてもマイナスの印象は持たれない待ち方をしましょう。自宅を出た時から面接は始まっていると考えるのが良いでしょう。

入室

「お入りください」と言われたら元気よく「はい」と返事をして入室し、扉の方に向き直り、扉を静かに閉めます。面接官の方に向き、一礼して椅子の横まで向かい、大学名と名前を告げます。面接官に「おかけください」と言われてから着席するようにしましょう。このとき、鞄は椅子の横に置きます。

面接中

面接では、姿勢が悪く見えないよう背筋を伸ばします。しっかりと相手の目を見て話す事が重要です。面接官も相手の目線は気にしております。相手の目を見て話す人は信頼がおけます。

また、早口にならないように受け答えすることを意識しましょう。早口で話してしまうと相手に余裕がないという印象を持たれる可能性があるため話すスピードは意識した方が良いでしょう。

退室

面接が終わったら椅子から立ち上がり、「本日はありがとうございました」と一礼します。退室するときにドアの手前で面接官の方に向きなおり「失礼いたします」とあいさつして退室しましょう。

自己紹介・自己PR

ほとんどの面接では、まず自己紹介、場合によっては自己PRも一緒に始めるでしょう。いよいよ面接の始まりです。「自己紹介と自己PRをどうぞ」と言われた場合でも、自己紹介と自己PRは分けて説明することを意識しましょう。自己紹介では、名前や学校名、(学校や学外で)取り組んできたことなどの「自分の基本的な情報」を簡潔に伝えます。自己紹介の範囲で、自分の強みやスキルまで盛り込まないように気をつけましょう。

強みやスキルをアピールするのは、自己PRです。自分にはどういった能力があるのか、それが企業側にとってどのようなメリットになるのかを伝えます。事前に過去の経験を棚卸しして、そこから自分のアピールポイントを分析しておきましょう。面接によっては、時間制限を設けられることもあるので、模擬面接でしっかりと練習しておきましょう。

志望動機・志望理由

十分な企業研究を行って面接に臨んでいるでしょうから、企業理念や企業風土など、企業の「何に惹かれたのか」を述べるのは苦労しないかもしれません。もちろん「何に惹かれたのか」を答えるのも大事ですが、面接官が知りたいのは、「なぜ惹かれたのか」という点です。

なぜなら、数ある企業の中で、その企業に「なぜ惹かれたのか」という問いの答えには、あなたの価値観や考え方が色濃く反映されるからです。そこから、自社でやっていけるのかモチベーションを推し量ったり、活躍の場を想像したりすることができます。可能であれば、自身のエピソードを交えて語るとなお良いでしょう。

面接でよく聞かれる質問

面接でよく聞かれる質問集はよくありますが、ここでは、その中でも回答に苦慮しそうな質問を取り上げてみました。特に力を入れて準備しましょう。

長所・短所は何?

質問の定番ですが、自分の長所、短所が分からないという方は多いでしょう。自己PRと長所は違います。自己PRで伝える強みは、企業にとってあなたを採用するメリットを伝える必要があります。一方で、「長所、短所を教えてください」と言われた場合は、客観的に自己分析をできているかが問われています。自己分析ができる人は、課題に直面した際に長所、短所を活かして、解決まで辿り着いていける人材だと評価されます。

短所を述べるときは、合わせてフォローの言葉を添えた方がいいでしょう。短所を改善する努力も行っていることを伝えれば、好印象を抱いてもらえるかもしれません。長所、短所ともに具体的なエピソードがあれば説得力が増します。

キャリアプランについて

この質問も学生にとっては具体的にイメージしにくいでしょう。5年後、10年後の自分を想像するなんて、思考停止に陥る学生も多いのではないでしょうか。

面接官がキャリアプランについて聞くのは、企業についてどれだけ理解しているかを把握するためです。しっかりとした企業研究を行っていれば、キャリアプランも企業の方向性と一致した、現実的なものを答えられるはずです。逆に、企業の事業戦略などを分かっていない場合、非現実的なキャリアプランになってしまいます。たとえば、海外進出の計画はないにもかかわらず、「5年後には海外で働きたい」などと行ったキャリアプランはミスマッチです。

他に志望している企業は?

一つは、他の企業の選考がどの程度進んでいるのかによって、内定までのスピード感や企業の魅力アピールなどの手を講じるための質問です。ですので、率直に答えても問題ありません。

注意したいのは、業界は絞って答えるようにすることです。この質問のもう一つの意図として、就職活動の軸を図るという点があります。たとえば、同一の業界に絞って活動をしているのであれば、その業界に興味があるのだと好印象に捉えられますが、複数業界にまたがって活動をしていると、「この業界には興味を持っていないのではないか」と判断される可能性があります。

また、より突っ込んで「第一志望ですか」と聞かれた場合は、はっきり「第一志望です」と言い切りましょう。企業側には単純に内定辞退率を下げたいという目的があるからです。曖昧な回答になってしまうと、企業側も内定を出しにくくなってしまいます。

逆質問をしよう

ほとんどの企業で「何か質問はありますか」と尋ねられるでしょう。新卒採用の面接で、企業側がもっとも知りたいことの一つとしてあげられるのは「入社意欲」です。「質問はありません」などと回答すれば、興味がないと受け取られかねません。面接先の企業に興味を持っているということをアピールしましょう。

事前に、逆質問を自分で用意しておくとよいでしょう。汎用的に使える逆質問の例としては、以下のようなものがあります。

  • 入社までに身につけておいた方がいいこと(勉強や資格など)はありますか
  • 志望している部署の人員構成を教えていただけますか
  • 活躍している人に何か共通点はありますか
  • リーダー職になるためには、どのような能力が必要でしょうか

まとめ

以上、面接の流れからよく聞かれる質問まで説明してきましたが、いかがだったでしょうか。これまで、企業研究、エントリーシートや履歴書、会社説明会への参加など一生懸命就職のための準備に取り組んできたはずです。その努力を無駄にしないという心構えをもって面接に臨んでください。

面接本番では、緊張するなという方が無理かもしれません。練習はしっかりと行いましょう。できれば、家族や友人などを相手に模擬面接を行うとよいでしょう。企業も着飾った状態のあなたを見たいとは思っていません。

ありのままの姿をみたいと思っているのです。ありのままの自分を受け入れてくれる企業は入社した後もスムーズに溶け込む事ができるでしょう。内定をもらう以上に重要なのは入社してからスムーズに溶け込む事ができるかどうかです。